What's new バックナンバー

itm-info 大阪大学創立80周年記念展「阪大生・手塚治虫」

大阪大学創立80周年記念展「阪大生・手塚治虫」
-- 医師か?マンガ家か? --

アトムと同じ誕生日の GLOBALBASE からも応援しております。

開催日時:2011年4月28日 〜 6月30日
開催場所:大阪大学 総合学術博物館
http://www.museum.osaka-u.ac.jp/jp/index.html
大阪大学創立80周年記念イベント
http://www.osaka-u.ac.jp/ja/80thAnniversary/80_event







(大阪大学ホームページより)

2011年03月31日

投稿者 admin : 19:03 | コメント (0) | トラックバック

itm-info 東北関東大震災情報 福島原子力発電所

原発事故についての情報

「福島第一原発事故に対して適切な対策を求める声明」 2011年3月
福島第一原発事故に対して適切な対策を求める有志
ジャーナリストたちが署名活動を行っております。もし賛同される方は、これ(Wordファイル)をダウンロードし、中に記載されている方法に従って、有志を募ってください。100の倍数番目の人たちは、記載情報に基づき、所定のメールアドレスへ書名を送ってください。
>> ファイルをダウンロード


原子力資料情報室
http://www.cnic.jp/

東京電力
http://www.tepco.co.jp/nu/f1-np/press_f1/2010/2010-j.html
http://www.tepco.co.jp/nu/f2-np/press_f2/2010/2010-j.html

首相官邸
http://www.kantei.go.jp/saigai/

2011年03月20日

投稿者 admin : 12:53 | コメント (0) | トラックバック

itm-info 東北関東大震災情報 提言

現在インターネットおよびメディアは情報が錯綜している。
この問題を解決するために必要な情報にはある決まったタグを着けることを提言する。
たとえば、消息情報を公開するページでは、

//shousoku
Aさんの行方を探しています。

と書く。
また、支援物資の情報を載せているページは、

//busshi
  3月20日 ×× にて支援物資の収集を行う。

など。
これらをツイート、YouTube、facebook、メディアに関わらず、このようなタグを着ければ、検索エンジンで横断検索が出来るはず。

http://www.globalbase.org/ja/2011/03/post_63.html
などこのページで使ってみました。

これを広めましょう。

そこで、
情報提供者へ
ツイートする人、ウェブに情報を載せるひとは、必ず情報の前後にタグを着けること。

検索エンジン各社へ
検索後にタグが指定された場合、そのタグのついたウェブページは上位へランキングするようにししてほしい。

タグ
以下のようにタグを決めましょう。他に必要なタグは
secretary-09 at globalbase.org へお知らせください。
使ってしまった後に知らせていただければここへ載せていきます。

//shousoku
消息情報

//busshi
物資提供を求む(NPOなどが物資を求める場合に場所情報や時間情報とともにタグを着けてください。)

//gienkin
義援金寄付情報

//basho
避難場所情報

//douro
利用可能な道路の情報

投稿者 admin : 01:12 | コメント (0) | トラックバック

itm-info 東北関東大震災情報 MISC

みなさま,渡邉英徳です.
先日お送りした震災情報,復興支援のコンテンツに続き,
以下のGoogleマイマップを公開中です。

■福島第一・第二原子力発電所からの距離マップ(スマートフォン対応)
http://htn.to/AubDNK

- 福島第一原発から20km(避難域)
- 福島第一原発から30km(屋外退避域)
- 福島第二原発から10km(避難域)
- 50km,100km,200km円(参考用)

を簡潔に表示しています。
バルーンから,気象庁の風向き情報にリンクしています。
今後,政府発表の情報がありましたら随時更新していきます。

■復興支援,震災情報を伝えるウェブサービスのリスト
http://htn.to/mZ2nSy
こちらも随時アップデートしていきます。

現在,有志により多数の震災情報・復興支援コンテンツが制作されています.
私のツイッターでも順次紹介しております.
http://twitter.com/hwtnv

2011年03月19日

投稿者 admin : 20:20 | コメント (0) | トラックバック

itm-info 東北関東大震災情報 義援金情報

//gienkin
寄付金を受け付けている団体の情報です。

ウェブからクレジットカードで寄付可能なところもあります。


どこに寄付をしたら、どこにお金が行くのか

「どこに寄付をしたら、どこにお金がいくのか」 - フローレンスのインターン卒業生、入谷聡くん(イリ)が、非常に分かりやすいブログ記事を書いて......

日本赤十字社
http://www.jrc.or.jp/

セカンドハーベストジャパン寄付金
http://www.2hj.org/index.php/get_involved_j/donate_money_j

日本ユニバーサルデザイン研究機構 寄付金ページ
http://www.npo-uniken.org/shinsai_bokin.html

投稿者 admin : 20:07 | コメント (0) | トラックバック

itm-info 東北関東大震災情報 支援団体一覧

投稿者 admin : 18:17 | コメント (0) | トラックバック

itm-info 東北関東大震災情報 まとめページ


東北関東大震災情報 まとめページ

このページに震災に関する支援情報等をまとめていきたいと考えています。

震災wikiページ
http://www46.atwiki.jp/earthquakematome/

支援情報



物資支援が可能な団体


義援金寄付が可能な団体

投稿者 admin : 13:06 | コメント (0) | トラックバック

itm-info 東北関東大震災情報 物資支援

コメント:
これから随時物資支援情報などを掲載していきます。
物流はまだまだ未整備、被災地は混乱しております。個人個人が直接物を送付するのはやめましょう。関東以西にも様々なNPOや団体、公共団体がありますので、そこへ連絡をとりましょう。
できれば、連絡をとる場合も、個人個人がバラバラに連絡をとるよりも、仲間たちでグループを作り代表者がとりまとめ、代表者が連絡をとるよう心がけた方がよいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
当情報の物流

[cultural-typhoon]グループ(早稲田大学に支援品を集結)ー>セカンドハーベストジャパンー>現地へ。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
[cultural-typhoon]グループの掲示板に投稿があったことを、Yahoo!グループよりお知らせいたします。
---

みなさま

こんばんは。本日、カルチュラル・タイフーン運営委員有志の数名であつまり、話し合いをした結果、とりいそぎ、東北大学坂田邦子先生の呼びかけに答えまして、震災支援のための食品・物資寄付のとりまとめを行いたいと思います。坂田先生からは、NPOの「ハーベストジャパン」を経由して支援物資を送ってほしいとのことでしたが、個々人でばらばらに持ち込むよりも、カルチュラル・タイフーンでこれまで培ってきたネットワークを生かして、いったん食品と物資のとりまとめを行い、仕分けをした上で、直接「ハーベストジャパン」の方に持ち込むという方法を取りたいと思います。集約して持ち込みますので、ほんの少しの食品・物資でも、ご協力いただけると大変助かります。明日19日(土)から21日(月)の3日間、早稲田大学本部キャンパス16号館 605教室で受け付けます。また、仕分けのお手伝いなどでご協力いただける関係者の皆様は、19日12時30分に601教室(伊藤守研究室)に集合してください。

【食品・物資の持込み先/受付日時】場所:早稲田大学本部キャンパス16号館 605教室URL:http://www.waseda.jp/jp/campus/waseda.html
(20日と21日は16号館の正面入り口に鍵がかかっていますので、入る前に下記の電話までご連絡ください)
 電話番号:03−5286−1868(伊藤守研究室)、
      090−5347−5256受付日時:3月19日(土)13時〜16時
      3月20日(日)14時〜16時
      3月21日(月)14時〜16時


*お持ちいただく必要のある食品・物資の詳細に関しましては、ハーベストジャパンのホームページでご確認ください。

ハーベストジャパンURL:http://www.2hj.org/index.php/news_j/disasterrelieffooddonations/

【資金で援助協力いただける方へ】

食料・物資の持ち込み協力はできないけれども、食品・物資を購入するための資金を提供してくださる方は、直接、田中東子(enfanteest at gmail.com)までご連絡ください。こちらから折り返し、振込み先口座をメールで連絡させていただきます。

◎カルチュラル・タイフーン運営委員会有志(有志を随時募集中です!)伊藤守(早稲田大学)、田中東子(早稲田大学)、毛利嘉孝(東京藝術大学)、山本敦久(上智大学)

◎協力者(協力者を随時募集中です!)岩瀬学子、大熊真未、須納瀬淳、内藤祥、堀口剛
*運営委員会、学生・院生の方々でご協力いただける場合には、 enfanteest at gmail.com までご連絡ください。

(以下、坂田邦子さんからの最初の呼びかけメールです)

みなさま
東北大学の坂田@仙台です。すでにご連絡させて頂いている方面には繰返しになりますが、民間レベルの支援物資の受入窓口の体制が整いましたのでご連絡させて頂きます。ニュースでは、ヘリや船などで続々と物資が搬入されていると報道されていますが、実際は、被災地の末端まで届くためにはまだまだ時間がかかり、絶対量も不足しています。加えて、どの地域も窓口が一元化されており、個人による支援物資は、あちこちで、留め置かれていると聞いております。以下の活動では、東京と仙台のNPOが連携して、緊急車両証を確保し、個人からの支援物資を受け入れるルートを構築し、すでに活動が動き出しています。どうか全国できるだけ多くのみなさんに、この情報を拡散して頂けないでしょうか。(メルのみなさん、広報用のML活用させてもらえないでしょうか?)特にメディア関係の方、新聞、テレビ、ラジオ、媒体を問わず、可能な限り取り上げて頂ければと思います。ツイッターでのつぶやきも大歓迎です!
詳しくはこちらをご覧ください
http://www.2hj.org/index.php/news_j/disasterrelieffooddonations/
以下の点もご確認下さい。(セカンドハーベストジャパンからの留意事項)・NPO法人セカンドハーベストジャパンのサイトに掲載されている物資であれば、<事前連絡なしに>サイトに掲載されている事務所に送付して大丈夫とのことです。(食料品以外も受け付けています)・送付の際、中身が何なのかが外からでも分かるようにしていただけると、仕分け・配送において非常に助かりますとのことです。・送付する物資の種類や送り方について、迷うような点がある場合は、事前にメール等で連絡をして欲しいとのことです。・平日(月〜金)10:00-18:00であれば、直接、事務所に持ち込んでいただいても構わないとのことです(職員が対応)。・物資としては、特に、常温で持ちが良い食品や、タオルが有難いとのことでした。
どうか、みなさまのお力をお借りしたく、心よりお願い申し上げます。
**********

おはようございます。NPO法人ふうどばんく東北AGAINの高橋です。
今回は、様々なご縁でつながることができました。まずは、このご縁に感謝します。次に、支援のご連絡ありがとうございます。現在は、何もかもが足りない状況で、本当に助かります。

□食品の受け入れについて
・現状  物流が断絶しているため様々な商品の仕入れが不能になっている。近隣へも連鎖し、日本海側の隣県でも不足状態になっている。自衛隊、災害救援隊が行っている支援物資は、大量だが地域ニーズに対応しきれていない。
・対応  以下3者が協力して、緊急車両証を入手(一般車両は通行禁止の東北道を無料で通れます。  災害支援物流ルートを民間NPOの連携プレイで構築しました。
     NPO法人ふうどばんく東北AGAIN:
      当団体/食品を生活困窮者へ届ける活動をしている団体
     NPO法人ワンファミリー仙台:仙台市内で生活困窮者支援を行っている団体
     NPO法人セカンドハーベストジャパン:東京でフードバンクを行っている団体
・物流の流れ
     1.セカンドハーベストジャパンが東京で食品の受け付け、管理、配送準備
     2. セカンドハーベストジャパンが東京から仙台へ食品を輸送
       (1回/2日/4トントラック)
     3.ふうどばんく東北AGAINが食品を受け取り、
       市内の各団体へ配送し市民へ炊き出し ・食品等の提供方法について
       詳しくはこちら
       http://www.2hj.org/index.php/news_j/disasterrelieffooddonations/

【カルチュラル・タイフーン】
http://www.cultural-typhoon.org/

投稿者 admin : 12:39 | コメント (0) | トラックバック

itm-event イノベーションジャパン2010スタート

P9300558b.jpg

P9300560b.jpg

P1000018b.jpg


イノベーションジャパン2010が始まります。是非お越し下さい。
http://expo.nikkeibp.co.jp/innovation/2010/
9月29〜10月1日 有楽町 国際フォーラム
国際日本文化研究センター
GLOBALBASE ; 自律分散型ネットワークGIS基盤ソフトウエア

●出展ゾーン:研究成果
●新技術説明会の発表番号:PI-11
(発表日: 9/29(水)、発表時間:16:40-17:00)
●ショートプレゼン発表番号:I-36
(発表日:10/01(金)、発表時間:12:52)

2010年09月02日

投稿者 admin : 09:54 | コメント (0) | トラックバック

itm-info 研究開発の羅針盤〜次世代の測位・地理空間情報基盤に関するシンポジウム

実世界に関する情報はほとんどが位置や場所に結びついており、どこでも位置や場所が簡単に分かることが、情報を得る上でも、情報を利用する上でも不可欠です。

 本シンポジウムでは、位置や場所に結びついた情報、地理空間情報を共通の切り口として、実世界情報に基づくさまざまなシステム・アプリケーションを一層効率的・効果的に実現するための方策を議論します。多くの皆様が御参会いただきますよう宜しくお願い申し上げます。

「研究開発の羅針盤〜次世代の測位・地理空間情報基盤に関するシンポジウム」

1.日時 2009年9月29日(火) 10:00〜16:45
2.場所 東京大学駒場第2キャンパス(生産技術研究所内)
     An棟2階コンベンションホール (駒場第2キャンパスへのアクセス)
     http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/access/access.html
    (キャンパス内配置図)http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/access/campusmap.html

3.参加費 無料 (定員250名、定員なり次第締め切らせていただきます)
4.プログラム(詳細http://www.csis.u-tokyo.ac.jp/japanese/research_activities/symposium/csisisymposium20090929/ )
   ー講演(前半)ー「利用者からみた次世代の測位・地理空間情報基盤への期待」

  講演(1) 「海洋資源探査と海面の精密測位-地震津波防災と海底の測地・マッピング技術開
発」
    講師 東京大学生産技術研究所 教授 浦 環・浅田 昭
  講演(2) 「消防防災活動の現場からみた測位・地理空間情報の重要性」
    講師 総務省消防庁消防大学校消防研究センター 細川 直史
  講演(3) 「交通・ITS分野からの次世代測位技術への期待」
    講師 (株)アイ・トランスポート・ラボ 堀口良太
  講演(4) 「地理空間情報に基づく新型インフルエンザ感染予測」
    講師 東京大学生産技術研究所 准教授 鈴木 秀幸
  講演(5) 「スマートグリッド・スマートシティ」
    講師 (未定)
 −講演(後半)−「次世代の測位・地理空間情報基盤を支える技術:現状、課題、将来展望」
  講演(6) 「サービス工学における適応的サービス創造〜環境知能化による人の行動計測

       およびサービスメディアの構築〜」
    講師 東京大学 教授 浅間 一

  講演(7) 「次世代衛星航法システム」
   講師 東京海洋大学 准教授 海老沼 拓史
  講演(8) 「4次元仮想化都市空間:千里眼、透視、タイムマシン」
    講師 東京大学大学院情報学環 教授 池内 克史(予定)
  講演(9) 「新世代ネットワークにおけるコントロール・プレーン」
    講師 東京大学大学院情報理工学系研究科 教授 浅見 徹(予定)
  講演(10) 「環境知能を中心とするネットワークロボット技術」
    講師 (株)ATR 知能ロボティクス研究所 所長 萩田 紀博
  講演(11) 「地理空間情報解析」
    講師 青山学院大学 教授 岡部 篤行(予定)

5.参加申込み 下記URLから申込み下さい。

   http://i.csis.u-tokyo.ac.jp/form/index.php?event_id=csisi_07

6.問い合わせ先 寄付研究部門事務局:csis-i-office@csis.u-tokyo.ac.jp


  主催 東京大学空間情報科学研究センター寄付研究部門「空間情報社会研究イニシアティブ」

2009年09月16日

投稿者 admin : 17:57 | コメント (0) | トラックバック

  GLOBALBASEは、オープンソース・ソフトウェア支援プログラムSOURCEFORGE.JPに参加しています。 SourceForge.jp SourceForge.net Logo