GIS

2011年3月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

GIS

itm-info 研究開発の羅針盤〜次世代の測位・地理空間情報基盤に関するシンポジウム

実世界に関する情報はほとんどが位置や場所に結びついており、どこでも位置や場所が簡単に分かることが、情報を得る上でも、情報を利用する上でも不可欠です。

 本シンポジウムでは、位置や場所に結びついた情報、地理空間情報を共通の切り口として、実世界情報に基づくさまざまなシステム・アプリケーションを一層効率的・効果的に実現するための方策を議論します。多くの皆様が御参会いただきますよう宜しくお願い申し上げます。

「研究開発の羅針盤〜次世代の測位・地理空間情報基盤に関するシンポジウム」

1.日時 2009年9月29日(火) 10:00〜16:45
2.場所 東京大学駒場第2キャンパス(生産技術研究所内)
     An棟2階コンベンションホール (駒場第2キャンパスへのアクセス)
     http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/access/access.html
    (キャンパス内配置図)http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/access/campusmap.html

3.参加費 無料 (定員250名、定員なり次第締め切らせていただきます)
4.プログラム(詳細http://www.csis.u-tokyo.ac.jp/japanese/research_activities/symposium/csisisymposium20090929/ )
   ー講演(前半)ー「利用者からみた次世代の測位・地理空間情報基盤への期待」

  講演(1) 「海洋資源探査と海面の精密測位-地震津波防災と海底の測地・マッピング技術開
発」
    講師 東京大学生産技術研究所 教授 浦 環・浅田 昭
  講演(2) 「消防防災活動の現場からみた測位・地理空間情報の重要性」
    講師 総務省消防庁消防大学校消防研究センター 細川 直史
  講演(3) 「交通・ITS分野からの次世代測位技術への期待」
    講師 (株)アイ・トランスポート・ラボ 堀口良太
  講演(4) 「地理空間情報に基づく新型インフルエンザ感染予測」
    講師 東京大学生産技術研究所 准教授 鈴木 秀幸
  講演(5) 「スマートグリッド・スマートシティ」
    講師 (未定)
 −講演(後半)−「次世代の測位・地理空間情報基盤を支える技術:現状、課題、将来展望」
  講演(6) 「サービス工学における適応的サービス創造〜環境知能化による人の行動計測

       およびサービスメディアの構築〜」
    講師 東京大学 教授 浅間 一

  講演(7) 「次世代衛星航法システム」
   講師 東京海洋大学 准教授 海老沼 拓史
  講演(8) 「4次元仮想化都市空間:千里眼、透視、タイムマシン」
    講師 東京大学大学院情報学環 教授 池内 克史(予定)
  講演(9) 「新世代ネットワークにおけるコントロール・プレーン」
    講師 東京大学大学院情報理工学系研究科 教授 浅見 徹(予定)
  講演(10) 「環境知能を中心とするネットワークロボット技術」
    講師 (株)ATR 知能ロボティクス研究所 所長 萩田 紀博
  講演(11) 「地理空間情報解析」
    講師 青山学院大学 教授 岡部 篤行(予定)

5.参加申込み 下記URLから申込み下さい。

   http://i.csis.u-tokyo.ac.jp/form/index.php?event_id=csisi_07

6.問い合わせ先 寄付研究部門事務局:csis-i-office@csis.u-tokyo.ac.jp


  主催 東京大学空間情報科学研究センター寄付研究部門「空間情報社会研究イニシアティブ」

2009年09月16日

投稿者 admin : 17:57 | コメント (0) | トラックバック

itm-event デジタルマップフェア2009

日本地図センター様よりデジタルマップフェア2009のご案内が届きました。

東京国際フォーラム 展示ホールB
平成21年10月 2日(金) 10:30 - 18:00
平成21年10月 3日(土) 10:00 - 17:00

詳しい情報は:http://www.jmc.or.jp/

なお、講演会の講師については、一部更新されているようですので以下を参照してください。

10月2日(金)
13:00〜13:50
 国土地理院管理課長
  明野和彦氏 「電子国土基本図の整備について」
14:00〜14:50
 JAXA産業推進センター参与
  吉川健太郎氏 「日本初のGPS衛星の意義」
10月3日(土)
 10:20〜11:10
 地図エッセイスト 
 今尾恵介氏 「路線を楽しむ鉄道学」
 13:00〜13:50
 国土地理院前参事官
 木下賢司氏 「地理空間情報社会の地図の明日」
 14:00〜14:50
 (株)インサイダー代表取締役編集長
  高野 孟氏 「政権交代と新しい国土作りの展望」 

投稿者 admin : 17:51 | コメント (0) | トラックバック

itm-info [情報]CSIS SYMPOSIUM 2008のご案内

柴崎@東大・空間情報科学研究センターです。
空間情報科学研究センターの活動に関していつもご支援を賜り感謝しております。
センターでは毎年、特定の話題に沿って外部の研究者や実務家の方をお招きし、シンポジウムを開催しておりま
す。本年は、若干ご案内が遅れましたが、ケータイ、ロボット、ITS(高度道路交通システム)など我が国の新
しい基盤となる産業に対して空間情報がどのように貢献できるかを議論したいと考えております。
いろいろなイベント、学会、シンポジウムなどお忙しい時期とは思いますが、是非お越しいただけますようお願
い申し上げます。
なお、翌日23日(木)から2日間、GIS学会(地理情報システム学会)が同じ場所で開催されますし、24日
(金)、25日(土)は空間情報科学研究センターのある柏キャンパスの一般公開が行われます。こちらにもぜひ
足をお運び下さい。


CSIS SYMPOSIUM 2008

空間情報の産業応用への最前線

 空間情報は、ユビキタスコンピューティング、都市センシング、ITS、ロボット工学等、様々な分野と密接に
関連する基盤技術でありながら、これらの技術分野を分野横断的に見通す機会はなかなかありません。今回のシ
ンポジウムでは、第一線でご活躍されている方々をお招きすると共に当センターの最新の研究成果を紹介し、空
間情報技術の応用という視点からこれらの分野を俯瞰し新たな応用を探索することを狙いとしております。ご関
心のある方々の参加を心よりお待ち申し上げます。

1.平成20年10月22日 (水) 10:00〜15:00
2.場所 東京大学駒場第㈼キャンパス内 生産技術研究所 An棟2階コンベンションホール(アクセス情報は下
記URLをご参照下さい)
http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/map/komaba.html 
3.主催 東京大学空間情報科学研究センター
4.プログラム
(講演題目講演順序は現在のものであり、変更になることがございますので最新の情報を当センターホームペー
ジにてご確認下さい)

午前の部
10:00 - 10:05 挨拶
 東京大学空間情報科学研究センター センター長 柴崎亮介

10:05 - 10:40
「最近のケータイの話題〜新しいコンテンツは何か(ワンセグ?健康?)」
村上仁己 (成蹊大学教授・元KDDI研究所長)

10:40 - 11:15
「ネットワークロボットにおける地理空間情報の利用と標準化」(仮題)
西尾 修一 (ATR 知能ロボティクス研究所 ロボットサービス研究室主任研究員)

11:15 - 11:50
「エゴセントリック・マッピング- IT社会文化環境における地図の進化論 -」
有川正俊 (東京大学空間情報科学研究センター 准教授)

11:50 - 13:10
昼休み

午後の部
13:10 - 13:45
「4次元仮想化都市空間とITS(高度道路交通システム)」
池内 克史 (東京大学大学院情報学環 教授)

13:45 - 14:20
「地理空間情報サービス産業の将来ビジョンとその実現に向けた経済産業省の取組について」
野口 聡 (経済産業省商務情報政策局情報政策課情報プロジェクト室長)

14:20 - 14:55
「OSOITE:実世界検索のための都市センシングネットワークと空間データ統合」
白石 陽 (東京大学空間情報科学研究センター 助教)

14:55 - 15:30
「オープンな地理空間情報サービスの展開と現状」
古橋 大地 (東京大学空間情報科学研究センター 特任研究員)

申し込み
事前申し込みの必要はございません。当日会場までお越し下さい。

問い合わせ先
東京大学空間情報科学研究センター 瀬崎 薫(sezaki at csis.u-tokyo.ac.jp)

2008年10月15日

投稿者 admin : 10:41 | トラックバック

itm-info [情報] GISA 「中国四川省大地震復興グランドデザイン」報告会

1.「中国四川省大地震復興グランドデザイン」報告会のお知らせ

2008年5月12日、中国四川省において大規模な地震災害が発生しました。
被災地を所管する成都市人民政府は、5月30日、甚大な被害を受けた都江堰市を対照とし、
国際社会に向けて復興グランドデザインの公募を行い、支援を要請しました。
これを受けて、世界各国から47チームの応募があり10チームが選定されました。
日本からは、東京大学・慶應義塾大学の協働チームが選ばれ、
6月中旬に現地入りをし、限られた時間ではありましたが、
7月12日、現地にてプレゼンテーションを行いました。

都江堰市は、“天府源”と呼ばれる地で、
2300年前に築かれた水利工が世界文化遺産に指定されており、
また、震源地である龍門山脈は、世界自然遺産に指定されています。
今回の復興グランドデザインは、21世紀都市計画の道筋を示す上でも
重要なプロジェクトとなります。
日本は、そして世界の各国は、どのように復興グランドデザインをとらえたのでしょうか。
以下の日程で報告会を開催いたします。皆様の御参加をお願いいたします。

http://www.epd.t.u-tokyo.ac.jp/news/poster_080726.pdf

日時 2008年 7月 26日(土) 13時30分—16時30分
場所:東京大学工学部14号館 一階
内容 1.都江堰震災復興グランドデザインについて
          プロジェクト・リーダー:東京大学教授 石川幹子
   2.グランドデザインの詳細
          慶應義塾大学教授 厳網林 他
   3.復興グランドデザインとは:会場との議論
   4.今後に向けて

問い合わせ:
東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻環境デザイン研究室
tel/fax:03−5841−0234
片桐由希子(助教)

なお、このグランドデザインは、コンペではなく、
10カ国の提案をうけ、現在、現地政府が
今後の方針の策定を行っています。

2008年07月25日

投稿者 admin : 09:06 | トラックバック

itm-info [情報]「地理空間情報の利活用と産業の育成」

柴崎です。東大CSISで民間企業のご協力により、政策研究等を主体とする
寄付研究部門を4月から立ち上げております。8/1に第2回目の公開シンポジ
ウムを開催致します。今回は「地理空間情報の利活用と産業の育成」をトピック
として議論を深めたいと思います。是非とも御参加あるいは周りの方にお知らせ
頂ければと思います。

                            平成20年7月吉日
関係者各位
              東京大学空間情報科学研究センター寄付研究部門

東京大学空間情報科学研究センター(CSIS)
寄付研究部門「空間情報社会研究イニシアティブ」
第2回公開シンポジウム「地理空間情報の利活用と産業の育成」のご案内

盛夏の候、皆様におかれましては益々ご健勝のほどお慶び申し上げます。
東京大学空間情報科学研究センターでは、平成20年4月より、持続安定的な
空間情報社会を実現するための総合的かつ実践的な研究を行うことを目的とし
て、寄付研究部門「空間情報社会研究イニシアティブ」を設立し、鋭意活動を進
めております。
当部門では、技術開発、学術研究にとどまらず、空間情報の視点から社会のイノ
ベーションを推進することを目指しています(詳細は掲載の関連URLをご覧くだ
さい)。
このたび、第2回目のシンポジウムでは、地理空間情報の利活用推進と産業への
新たな展開について、経済産業省をはじめ、産官学の第一線で御活躍される関係
者の方々からご講演を頂くとともに、パネルディスカッションにより議論を行う
予定としております。
産官学の連携が益々深まり、地理空間情報産業がさらに発展していく為にも、
多くの皆様がご参加いただきますよう宜しくお願い申し上げます。

                 記

1.日時 平成20年8月1日(金) 10:00〜15:00

2.場所 東京大学駒場第㈼キャンパス(生産技術研究所内)An棟2階コンベンショ
ンホール
   http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/access/access.html(駒場第㈼キャンパス
へのアクセス)
   http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/access/campusmap.html(キャンパス内配
置図)

3.主催 東京大学空間情報科学研究センター寄付研究部門「空間情報社会研究イ
ニシアティブ」

4.次第
      (司会)東京大学空間情報科学研究センター特任講師 関本義秀
10:00-10:05 挨拶
   東京大学空間情報科学研究センター長・部門長・教授 柴崎亮介
10:05-10:45 基調講演
  「地理空間情報サービス産業の将来ビジョンとその実現に向けた経済産業
省の取組について」
  経済産業省商務情報政策局情報政策課情報プロジェクト室長 野口 聡 
10:45-11:15 講演
   「地理空間情報の利活用技術に関する最新動向について」
   東京大学空間情報科学研究センター准教授 瀬崎 薫
11:15-11:45 講演
   「IT農業やIT施工における地理空間情報の利活用とグローバル展開」
   株式会社トプコン執行役員 平野 聡
11:45-12:15 講演
   「無線LANを用いた位置情報基盤 PlaceEngineの技術とその応用」
   クウジット株式会社取締役CTO 塩野崎 敦

(昼食) ※恐れ入りますが、各自でご用意願います。(下記6.参照)

13:30-14:00 講演
   「時空間情報の利活用の推進」
   財団法人日本情報処理開発協会
   データベース振興センター時空間情報システム推進室長 坂下哲也

(休憩)

14:10-15:00 パネルディスカション
   コーディネータ:東京大学空間情報科学研究センター長・部門長・教授 
柴崎亮介
   パネラー:講演者
15:00 閉会

5.申込み・問合せ先:東京大学 澁木(tshibuki@iis.u-tokyo.ac.jp)
          東京大学 木田(miki.k@csis.u-tokyo.ac.jp)
※定員(250名程度)になり次第締め切らせていただきます。(7/25(金)受付〆切)

6.昼食について
キャンパス内外の「昼食マップ」を当日配布致します。キャンパス内には、
レストラン(An棟1階)、カフェ(An棟1階)、食堂(An棟出て西側)、生協購買部(An
棟向かい)などがございます。

7.関連URL
東京大学空間情報科学研究センター「空間情報社会研究イニシアティブ」寄付研
究部門
http://i.csis.u-tokyo.ac.jp/index.html

東京大学空間情報科学研究センターWEBサイト(イベント掲載欄)
寄付研究部門「空間情報社会研究イニシアティブ」第2回公開シンポジウム
「地理空間情報の利活用と産業の育成」(2008/8/1開催)
http://www.csis.u-tokyo.ac.jp/japanese/index.html  

※お申し込みの際は、下記「宛先」までお願いいたします。
E-mail宛先:「tshibuki at iis.u-tokyo.ac.jp; miki.k at csis.u-tokyo.ac.jp」 
-----------------------------------------参加申込書---------------------
-----------------
東京大学空間情報科学研究センター(CSIS)寄付研究部門「空間情報社会研究イ
ニシアティブ」
第2回公開シンポジウムに参加します。

所属:
氏名:

2008年07月15日

投稿者 admin : 19:49 | トラックバック

itm-info [情報] 地理空間情報活用推進基本法と電子国土Webシステム研修会

地理空間情報活用推進基本法と電子国土Webシステム研修会

第1回講演会のご案内  その後5回シリーズで実習などもあります。

■日時:平成20 年6 月26 日(木)(時間:受付13:00〜13:30、講演会 13:
30〜17:00)
■会場:奈良県文化会館 集会室AB(定員100 名)
■講演会
㈰ ご挨拶 奈良県土木部まちづくり推進局長 宮谷太氏
㈪ 「地理空間情報と地域活性化について」: 奈良大学文学部地理学科教授碓井
照子氏
㈫ 「奈良県南部の人口問題と地域再生について」: 奈良大学社会学部准教授中
原洪二郎氏
㈬ 「地理空間情報活用推進基本法と基盤地図情報の整備」:
国交省(国土地理院)地理空間情報企画室長 大木章一氏

【お申込み先/お問合せ先】:NPO法人電子自治体アドバイザークラブ(e-AAC)
  e-Mail:e-aac at nifty.com Tel/Fax:0742-33-
7863、
  URL:http://e-aac.naist.jp/e-AAC/index.jsp

2008年06月09日

投稿者 admin : 15:14 | トラックバック

itm-info [情報] 日本写真測量学会関西支部 特別講演会

日本写真測量学会関西支部 特別講演会・懇親会には、当学会員以外の方々も
出席いただけます。ふるってご参加いただきますよう、ご案内申しあげます。

 会場準備の都合がございますので、参加を希望される方は、
本メール末尾の申込フォームへ必要事項をご記入の上、6月9日(月)までに
日本写真測量学会関西支部(secretary at jsprs-w.org)まで
電子メールでお知らせいただきますよう、お願い申しあげます。

 なお、特別講演会については、日本測量協会「測量CPD」において認定された
学習プログラムであり、「5.日本写真測量学会講習会等の受講」に該当します。
詳しくは、http://jsprs.iis.u-tokyo.ac.jp/pdf/JSPRS-CPD.pdfをご参照ください。

 また、本講演会の参加は、GIS上級技術者の認定を受ける際の貢献達成度ポイント
として申請することができます。


                記

■日 程:2008年6月13日(金)

■会 場:常翔学園(旧学園大阪工大摂南大学)・大阪センター 301
     (大阪市北区梅田3−4−5 毎日インテシオ3F TEL:06-6346-6367)
 ※※ 会場は梅田界隈となっております。詳しくは下記をご参照ください ※※
 ※※ http://www.josho.ac.jp/corp/jigyoubu/osakacenter/index.html  ※※

■参加費:無料

■スケジュール

【総 会】
 14:00〜14:30 平成20年度支部総会

【特別講演会】
 14:40〜14:45 開会挨拶

 14:45〜15:45 『工業写真計測とその応用』
             福山大学教授・服部 進 氏

 15:45〜15:55 休憩

 15:55〜16:55 『地理空間情報活用推進基本法と都市再生街区基本調査成果の活用』
             奈良大学教授・碓井照子 氏

 16:55〜17:00 閉会挨拶

【懇親会】
 17:00〜19:00(ラウンジ「翔」にて開催予定)

                                  以上


===========申込フォーム===========

日本写真測量学会関西支部・事務局 (secretary at jsprs-w.org)行

■ご氏名:

■ご所属:

■E-mail:

■平成20年度支部総会に

    参加します   参加しません

■特別講演会に

    参加します   参加しません

■懇親会(会費4,500円を予定)に

    参加します   参加しません

============================

2008年05月27日

投稿者 admin : 13:20 | トラックバック

itm-info [情報] 第一回「国土交通地理空間情報プラットフォーム」フォーラム

東京大学空間情報科学研究センター寄付研究部門「空間情報
社会研究イニシアティブ」第一回公開シンポジウム/
第一回「国土交通地理空間情報プラットフォーム」フォーラム
(共同開催)のご案内

 若葉の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び
申し上げます。

 東京大学空間情報科学研究センターでは、平成20年4月より、
持続安定的な空間情報社会を実現するために
総合的かつ実践的な研究を行うことを目的として寄付研究部門
「空間情報社会研究イニシアティブ」を設立しました。
当部門では技術開発、学術研究にとどまらず、空間情報の視点
から社会のイノベーションを推進することを目指して活動を行って
います(詳細は掲載の関連URLをご覧ください)。
 今後3年間の活動の中で、特定のトピックにつきまして、年数回、
公開形式でシンポジウムを行っていく予定ですが、
今回はまず第1回として、国土交通省と共同研究を進めている
「地理空間情報プラットフォームの構築に関する研究」について、
講演・パネルディスカッションを開催させて頂く予定です。
 なお、今回のシンポジウムについては財団法人日本建設情報
総合センター、財団法人日本地図センターと3回程度開催する
「国土交通地理空間情報プラットフォーム」フォーラムと共同
開催となっております。

地理空間情報の共有に関する制度設計を進めていくための
オープンな意見交換の場となることを期待するとともに、産学官の
多くの皆様がご参会いただきますよう宜しくお願い申し上げます。


日時 平成20年6月12日 14:00-17:00
場所 東京大学駒場第㈼キャンパス(生産技術研究所内)An301・302(大会議室)
   http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/access/access.html(駒場第㈼キャンパスへのアクセス)
   http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/access/campusmap.html(キャンパス内配置図)

主催 東京大学空間情報科学研究センター(http://www.csis.u-tokyo.ac.jp
    財団法人日本建設情報総合センター(http://jacic.or.jp)
    財団法人日本地図センター(http://www.jmc.or.jp)

次第
14:00 主催者代表挨拶/基調講演
    「国土交通省の地理空間情報プラットフォームへの期待」
    東京大学空間情報科学研究センター長・教授 柴崎亮介 
14:25 話題提供 「国土交通地理空間情報の公開と活用について」
    国土交通省大臣官房技術調査課調整官    五道仁実
14:50 休憩
15:00 パネルディスカッション
    座長:東京大学空間情報科学研究センター長・教授 柴崎亮介
    パネラー:
     国土技術政策総合研究所高度情報化研究センター情報研究官 小林亘
     国土地理院地理空間情報部電子国土調整官          北原敏夫
     株式会社三菱総合研究所主任研究員             中條覚
     メディアアート株式会社取締役メディア開発部長      
中野理恵子
     国際航業株式会社国土情報基盤推進部部長 政木英一
     ほか
17:00 閉会
17:30-19:00 懇親会

本フォーラムは、測量系CPD、土木学会CPDの対象となります。
問い合わせ先:tshibuki@iis.u-tokyo.ac.jp(東京大学 澁木宛)

参加申込はgis_admin@jacic.or.jpまで(下記申込書を添付してお送りください)
※E-mail申込み時の件名(Subject)は、「東大・空間情報センター・寄付
研究部門・第一回公開シンポジウム」でお願いします。

※定員(100名程度)になり次第締め切らせていただきます。
※懇親会費用として、2000円程度頂く予定です。

【関連URL】
■東京大学空間情報科学研究センター寄付研究部門
「空間情報社会研究イニシアティブ」 の開始と設立発足式のお知らせ
http://www.csis.u-tokyo.ac.jp/japanese/news/20080512/

■第一回公開シンポジウム「地理空間情報プラットフォームの構築」
http://www.csis.u-tokyo.ac.jp/rss/CSIS_event.xml


----------------------------------参加申込書-----------------------------------


※件名(Subject):「東大・空間情報センター・寄付研究部門・第一回公開シンポジウム」

第一回「国土交通地理空間情報プラットフォーム」フォーラム/
東京大学空間情報科学研究センター寄付研究部門「空間情報社会研究イニシアティブ」第一回
公開シンポジウムに参加します。
所属
御名前
懇親会  参加/不参加

2008年05月23日

投稿者 admin : 13:19 | トラックバック

itm-info [情報] 第7回アジアGIS会議

柴崎先生@東京大学・空間情報科学研究センター より。

昨年、「地理空間情報活用推進基本法」が成立したのはご存じかと
思いますが、韓国でも同様に地理空間情報に関する国家政策が大幅に
変わり、担当部局が大幅に強化されました。台湾でも同じような
国家基盤の整備計画・体制の刷新がありました。このようにアジア、
特に東アジアではGISシーンが大きく変わりつつあります。また、
人ナビに代表されるようなきめ細かなサービスも広がりつつあります。
こうした新しい動向を受けて、アジアGIS会議が開催されます。
これは日本以外にも中国、韓国、台湾、香港、マレーシアなどの
GIS学会の連合会であり、昨年より私が会長を務めております。
日本からは大変近い場所での開催となりましたので、アジアの
新しい動向を肌で感じていただくためにも、是非論文投稿、
ご参加をよろしくお願い申し上げます。
テーマも上記のような空間データ基盤、地理情報サービスだけでなく、
環境、都市計画、農業、衛星測位などもカバーされる予定です。

第7回アジアGIS会議 http://www.asiagis2008.com/

開催場所:韓国、釜山市

日にち:2008年9月26日から27日

論文のアブストラクト〆切:5月末

投稿方法は、http://www.asiagis2008.com/をご覧ください。

2008年05月16日

投稿者 admin : 16:41 | トラックバック

itm-info [関連] 9/7 第2回 南河内GIS地域情報交流会 GIS総研

開催 平成19年9月7日(金) 
http://gissoken.org/semina.html
■ 場所 羽曳野市 LICはびきの 中会議室B
■ 主催 GIS総合研究所
■ 後援 大阪府、富田林市(申請中)、羽曳野市(申請中)、近畿測量専門学校
■ スケジュール
 14:00〜14:05   主催者あいさつ  GIS総合研究所 川添博史氏
 14:05〜15:05 「地理空間情報活用推進基本法と自治体の役割」
  奈良大学教授 碓井照子氏
 15:15〜16:05   「GISを通して考える業務の連携について」
  大阪産業大学教授 吉川耕司氏 富田林市市役所 井之上清香氏
 16:15〜17:00   「地理空間情報におけるSVGの活用」
  GIS総合研究所 国司輝夫氏

2007年08月26日

投稿者 admin : 22:47 | トラックバック

  GLOBALBASEは、オープンソース・ソフトウェア支援プログラムSOURCEFORGE.JPに参加しています。 SourceForge.jp SourceForge.net Logo